訃報を受け取っても葬儀に参加できない時の対処法

subpage01

葬儀はあらかじめ日程が決まっている方が少ないために、訃報を受け取っても参列できないことがあります。ではその場合はどのように対処したら良いのでしょうか。

葬儀に参列できない時に取れる方法としてはまず弔電を送り、香典も郵送するという方法があります。
弔電は告別式の前日までに届くように手配しましょう。香典は現金書留用の封筒に香典袋を入れて送るのがマナーです。


供花を送ることもできますが、場所やスペースの問題でかえって迷惑となることもあります。


事前に確認を取ることが大切です。
家族で自分の代わりに参列できる人がいれば、代理人を立てて弔問してもらう方法もあります。
その時は香典の表書きは本人の名前で、記帳の名前や住所も本人のものを記載します。
決して代理人の名前を書かないことが大切です。また、参列者に知り合いがいれば、その人にお願いして香典を渡してもらうこともできます。



ご遺族に直接お悔やみの言葉を伝えたい時は、後日ご自宅に弔問することもできます。



葬儀直後は精神的に疲れていることもあるでしょうから、少し日を置いてからのほうが良いかもしれません。後日弔問する時はあらかじめ訪問してもよいか確認を取ってからお伺いすること、服装は喪服ではなく地味でシンプルな服装で訪問するのがマナーです。なお、香典を持参する際に四十九日の法要までは「御霊前」、それ以降は「御仏前」の香典袋を使います。



表書きを間違わないように注意しましょう。