さまざまな葬儀の形式について

main-img

葬儀の形式には、さまざまなものがあります。
以前は執り行われることが多かった一般葬。

近年、執り行われることが多くなってきた家族葬。

通夜式と告別式を多くの場合には合わせて2日間かけるのですが、それを1日で済ませる一日葬。
安価でシンプルな形式の直葬などがあります。一般葬は多くの会葬者を集めて執り行う形式で、遺族、親族以外の親しい方々や職場関係者の方々にも会葬していただくものです。


職場関係者も多く来られるため、遺族はその方々への気遣いが必要になります。



そのため故人をゆっくりと弔うことがなかなかできない形式の葬儀です。家族葬は遺族とごく親しい親族だけで執り行う形式です。

職場関係の会葬者がないため、その方々への気遣いは不要になります。

心行くまでゆっくりと故人を忍ぶことが可能です。

一日葬は通夜法要を行わない形式です。



葬儀前夜の弔問や会葬者がないため、遺族と身内だけでゆっくりと故人とのお別れができます。直葬は通夜式も告別式も行わずに、死後ご遺体を火葬場に直接運び込み、火葬を行う形式です。
火葬場で簡単なお別の式を行う場合もあります。なお、どのような葬儀形態にするかは故人の遺志と、遺族の考え方により決めるのが良いです。



多くの場合には短時間で様々なことを決めることが多いですが、可能であれば生前にどのような形式で執り行うのかをじっくり検討して決めておくことが有用です。


そのことが本人も残されることになる家族も納得がいく式になります。

生活の重要知識

subpage01

葬式は故人を弔う大切な宗教的な儀式です。亡くなってからすぐにやらなくてはいけません。...

more

納得の事実

subpage02

亡くなった人を弔うための葬儀というものは、昔は地域の人々が総出で葬儀の手伝いをするとともに、通夜や告別式といった当日には、地域をはじめ、会社の人々、学校の人々、その他の親類縁者などといった、かなり多様な人々が参列をしたものです。そのため、葬儀の会場となる葬祭ホールはなるべく大きなものがよいというのが、いわば常識的な見解であって、祭壇などもできるだけ大きく豪華なものをしつらえるのが当然という風潮がありました。...

more

ためになる情報

subpage03

喪主というのは遺族の代表として葬儀を執り行い、弔問を受ける人のことです。喪主が誰になるかは法律で決まっているわけではありませんので、だれがなっても構いません。...

more

生活関係の情報

subpage04

葬儀はあらかじめ日程が決まっている方が少ないために、訃報を受け取っても参列できないことがあります。ではその場合はどのように対処したら良いのでしょうか。...

more