葬儀・葬式の進め方と手順

subpage01

葬式は故人を弔う大切な宗教的な儀式です。


亡くなってからすぐにやらなくてはいけません。

病院で医師から死亡宣告を受けた後、死亡届を出し、お通夜、葬儀、告別式、火葬と一連の儀式は個人で手配するのは大変です。
ですので、最近では、葬儀会社が引き受け、一連の流れを滞りなく行います。


日程的には、友引は友人、知人を巻き込むという意味からあまり行われませんですので日程を決めることから始まります。

日程が決まったら病院で死亡すると、納棺され、葬式を行う場所に運びます。



葬式は、お寺、葬儀場、自宅など地域、故人の状況によって異なります。

御遺体が葬式を行う場所に運ばれたらお通夜の準備を行います。
お通夜では弔問客が訪れますので、場所を設営することが必要です。
弔問客にはお通夜ぶるまいがおこなわれますが、都市部では行われないケースもあります。

お通夜では僧侶が読経をおこいます。
葬式でも同様です。お通夜では最近は半通夜と呼ばれ、半日で終わらせるケースも少なくありません。
葬式の流れは、お通夜と同様弔問客の準備が必要です。


葬式が始まりますと、読経から始まります。



僧侶はお通夜と同じになることが多く、読経と同時に焼香が始まります。告別式、出棺となりますと故人との最後の別れになります。

火葬場へは親族、遺族のみが同行して火葬に立ち会います。



葬儀、葬式の流れは個人では余りあることではありません。しかし、いろんな手配は大変です。
ですので多くの人は専門の葬儀会社に依頼します。