葬儀における規模について

subpage01

亡くなった人を弔うための葬儀というものは、昔は地域の人々が総出で葬儀の手伝いをするとともに、通夜や告別式といった当日には、地域をはじめ、会社の人々、学校の人々、その他の親類縁者などといった、かなり多様な人々が参列をしたものです。

そのため、葬儀の会場となる葬祭ホールはなるべく大きなものがよいというのが、いわば常識的な見解であって、祭壇などもできるだけ大きく豪華なものをしつらえるのが当然という風潮がありました。
しかし、現在では、こうした葬儀のありかたというものは多様化が進んでおり、場合によっては家族やその他の身内だけで小規模に行うのがよいとする考えを持つ人もめずらしくはなくなっています。



このような需要にこたえて、それぞれの地域にある葬儀社のほうでも、家族葬とよばれるプランを続々と企画し、提供しているところです。

家族葬プランは、基本的には亡くなった人の家族、親戚、そして場合によっては亡くなった人に特に親しかった友人程度のメンバーだけを参列者として想定するものといえます。



したがって、会場そのものは小規模となりますが、通夜や告別式などといった、いわゆる儀礼的な部分については、一般のものとほぼ同様というかたちになっています。そのほかにも、火葬式とよばれるプランもあります。



こちらは通夜や告別式はいっさい省略してしまって、火葬を直接行うというプランです。この場合も、棺や骨壷、枕飾りなどといった、最低限の用意はプランに組み込まれています。