葬儀の際には家族で話し合い喪主を決める

subpage01

喪主というのは遺族の代表として葬儀を執り行い、弔問を受ける人のことです。

喪主が誰になるかは法律で決まっているわけではありませんので、だれがなっても構いません。


昔は家督を継ぐ人が喪主となるのが当たり前とされていました。

そのため父親がなくなるとそばにいる配偶者ではなく、長男が喪主を務めることが普通でした、しかし今では一番近くで寄り添った配偶者であったり、配偶者がいない場合は同居して最後までお世話をしていた子供や、孫だったりなど縁が深い人が喪主を務めるのが自然な流れとして、受け止められるようになっています。



喪主は複数人で勤めても構いません。



たとえば親がなくなった場合兄弟全員で葬儀の喪主を務めたり、配偶者と子供が共同で喪主になっても、何ら差しさわりはありません。



両親がともになくなってしまい残された子供がまだ小さいという場合は、子供を喪主にして親戚のおじさんなどが施主となって、葬儀のサポートを行うこともあります。


また子供が親よりも先に亡くなった場合、かつては逆縁と言って親は喪主にはならない習慣がありましたが、今では親が喪主を務めるのが普通となっています。

いずれにせよ故人の希望がないのであれば家族や親せきを交えて、素直に話し合いをすることが大切になってきます。家族の状況によって考え方はいろいろとありますから、喪主としてだれが一番適切であるかを話し合って決めてください。ちなみに喪主に対して施主と呼ばれる人がいますが、施主というのは葬儀の費用を受け持つ人のことを言います。